共用部分の置かれた荷物によるトラブル

おはようございます。満室請負人®の佐藤泰裕です。

共用部分の置かれた荷物によるトラブルについて、法律上のたてつけについて勉強してみましょう。

参考に、共用部分の不当利用に関する判決内容を見てください。

■ オーナーは入居者に専有部(貸室・部屋)と密接な関係にある共用部分を

管理し、使用させる義務も負担しています。

(東京地裁・判例・昭和59年2月27日)

■ しかし、入居者は共用部分を独占的に使用できるわけではありません。

(東京地裁・判例・平成21年12月15日)

■ 共用部分に、入居者の私物を放置するといったかたちでの使用は許されませ

ん。このような入居者による共用部分の不当利用は、賃貸借契約の解除事由

になることもあります。

(東京地裁・判例・平成22年9月2日)

再三の警告にもかかわらず、音沙汰なしに放置されたままだと、オーナーは勝手に撤去・処分したくなるかもしれませんが、

勝手に撤去処分することは基本的には、「自力救済の禁止」の原則に抵触するから許されません。

 

 

※ 家主と地主 2018年8月号を引用しています。

投稿者:

YasuhiroSATO

1977年生まれ。北海道旭川市神居出身。