満室の向こう側 ① アパートマーケティング方法

おはようございます。

14日、15日で繁忙期最後の入居者が引っ越しをしてこられますきます。

沢山のオーナーが満室を達成しました。

いざ満室になると、お休みしてしまうオーナーがいますが、満室の次は、テナントリテンション(入居維持)が仕事になります。

満室時の収入を再投資するかしないかはオーナーの決定ですが、いま、最初のやらなくてはならない仕事が、アパートマーケティングです。

まず、現在の入居者の属性を調査します。(男性・女性・年齢・職業・アパート滞在時間)

次に、感覚的なものではなく、入居者の心理をよく観察する上で、必要な情報を集めます。

生活パターン等の把握に努め、計算します。

計算には、冷静な判断力が必要ですが、どうすれば1日でもより多く、1か月でもより多く滞在してもらえるか考えます。

最後に、迎合せず、入居者をいい意味で常に裏切り、驚かせ続けることで引き付けます。

クレーム対応は当たり前、クレームを起こさない先回りをしながら、驚かせ続けることが満室経営を続けていく秘訣です。

投稿者:

YasuhiroSATO

1977年生まれ。北海道旭川市神居出身。