カビの除去 

おはようございます。満室請負人®の佐藤泰裕です。

西日本豪雨被害(平成30年7月豪雨)により、被災された方、関係者のみなさまが一日も早い日常の生活に戻れるようお祈り申し上げます。

さて、同じ時期に北海道でも、豪雨でした。記事 参照

豪雨のたびに、建物内に雨水が侵入してしまうマンションがあります。

問題は、経年による屋上の防水が劣化していることですが、本年のマンション経営計画には、大規模修繕は計画しておりません。

対処療法的であることをわかってはおりますが、建物内に入ってしまった水を拭き取ること、屋上にあがり、目視で確認できる隙間などをコーキングで埋めること、外壁の割れ箇所を発見し、ビニールで養生することなどの対策をしています。

(どれも数万円はかかります。)

こうした対処では、はげしい豪雨に際しては、雨水の建物内への侵入を防ぐことができず、遂には「カビ」が発生してしまいました…。

カビの発生により、共用階段部は、カビ臭が発生し始めました。

株式会社ビークリーンにカビを除去、及び防カビ施工を依頼し、共用部に充満していたカビ臭は消えました。

施工費用はお電話でお尋ねください。→ 0166-85-7463 ヴィータ合同会社

自然現象を予測しつつ、大規模修繕を計画することはとても難しいです。

どうすれば、オーナーを賃貸経営で勝たせることができるか本当に悩む。

 

アリが室内に!第2弾!!

おはようございます。

心配をしていたアパートの1階のお部屋で、あり(1匹)が発見されました。

入居者からはすぐに「アリが出た!!」と8:15に電話があり、

9:00 スーパーオープンと同時に、「10kgの塩」を購入し、北側の基礎付近を中心に撒きました。

うーん、、、「駆除業者に注文するべきか それとも 様子をみるべきか、、、」

悩んでいます。

駆除業者は、入居者にヒアリング後、点検口から床下に潜り、ベイト剤という薬剤により駆除を図るという方式だそうです。

ベイト剤とは…。

 

冠水

おはようございます。満室請負人®の佐藤泰裕です。

管理させていただいているアパート前の道路が冠水してしまいました。

7月3日、北海道旭川市では、大雨が降り、ここ忠和地区は「避難準備」という警報が出ました。

こうなりますとトイレの水が流れにくくなります。

もう少し深読みすると、屋根に降った雨はダクトにより排水されますが、その排水は雨水溝に流れ込む設計になっているはずです。

でも、トイレの水が流れづらい…。もしも、雨水まで汚水溝に流れ込んでいたとしたら、流れにくくなるはずです。

 

窓が締まらない…。

おはようございます。満室請負人®の佐藤泰裕です。

昨日は「窓が締まらない…。」という連絡がコールセンターに入りました。

巡回サービスカーで急行すると確かにこんな↓感じです。

アルミサッシ自体が歪んでおり、ロックをすることができません…。

原因の詳細は、不明ですが、冬季間の屋根の雪の重さの影響ではないかと考えています。

サッシ屋さんを手配し、早急に対応することが良いのだと思います。