不動産の透明度

おはようございます。満室請負人®の佐藤泰裕です。

今朝の北海道旭川市は朝から湿度もあり暑いです。

(※日本経済新聞より抜粋)

世界100か国のオフィスビル等を対象に、物件情報の開示や法整備などにより、「不動産の透明度」の民間調査の結果、日本は14位になりました。

※ 1位は英国、2位はオーストラリアは変わらず。

省エネ性能の指標である「BELS(建築物省エネルギー性能表示制度)」の導入などにより、今回から指標に加わった環境への取り組みが評価されたことに2016年の調査から5つ順位を上げました。

一方で、「共益費の内訳明細が開示されていないことが課題」とされています。

現在、クライアントにより札幌の中古マンションを探していますが、情報の不透明さにより、困惑しています。

タワー不動産は、不動産情報の透明度も意識して業務に取り組みます。

共用部分の置かれた荷物によるトラブル

おはようございます。満室請負人®の佐藤泰裕です。

共用部分の置かれた荷物によるトラブルについて、法律上のたてつけについて勉強してみましょう。

参考に、共用部分の不当利用に関する判決内容を見てください。

■ オーナーは入居者に専有部(貸室・部屋)と密接な関係にある共用部分を

管理し、使用させる義務も負担しています。

(東京地裁・判例・昭和59年2月27日)

■ しかし、入居者は共用部分を独占的に使用できるわけではありません。

(東京地裁・判例・平成21年12月15日)

■ 共用部分に、入居者の私物を放置するといったかたちでの使用は許されませ

ん。このような入居者による共用部分の不当利用は、賃貸借契約の解除事由

になることもあります。

(東京地裁・判例・平成22年9月2日)

再三の警告にもかかわらず、音沙汰なしに放置されたままだと、オーナーは勝手に撤去・処分したくなるかもしれませんが、

勝手に撤去処分することは基本的には、「自力救済の禁止」の原則に抵触するから許されません。

 

 

※ 家主と地主 2018年8月号を引用しています。

法定研修会

おはようございます。満室請負人®の佐藤泰裕です。

本日は、平成30年度 第1回 法定研修会に出席するために、満室事務所を空ける時間帯がございます。

何卒ご容赦くださいますようお願い申し上げます。

勉強してきたことは、すぐに、本ブログに掲載し、オーナーとの情報共有を進めていきたいと考えております。

 

ハチの巣の駆除

おはようございます。満室請負人®の佐藤泰裕です。

北海道旭川市も夏になり、暖かくなりますと、アリをはじめ、ゲジゲジ・ムカデ・ ワラジムシなど不快な虫が室内や共用部分に現れ始めます。

本日も14時から、室内床下に潜り、対処していただきます。

ハチの巣の駆除

こぶし程度 ¥8,000~

ソフトボール程度 ¥10,000~

小玉スイカ程度 ¥15,000~

出動交通費 1~50km ¥3,500~

出動交通費 51km~100km ¥5,000~

状況や程度によりお値段は異なります。

施工費用(税抜)×10%のタワーホームサービス料金が加算されます。

お困りの方は、ご連絡ください。

とにかく満室!!

おはようございます。満室請負人®の佐藤泰裕です。

オーナーのみなさま、8月までに、とにかく満室にしてください。

空室が3ヶ月(90日)以上あるオーナー様、満室にならないのには「必ず」理由が10個以上ございます。

満室請負人®では、「満室診断」を実施しています。

管理物件のオーナー様は無料。

管理物件以外のオーナーは、診断1回につき、物件の最大賃料の10%+消費税の料金となります。

満室にした後は、必要経費及び返済分より、余剰した賃料を3ヶ月~10ヶ月分を、物件の設備のグレードアップや満室診断書に基づいて再投資してください。

物件以外にお金かけてはいけません。管理会社を変えれば、必ず満室になります。

些細な点も改善してください。