2016/7/9


満室請負人(R)のアパート経営指南 0前書き-1, 2016/4/18

0.まえがき

ようこそ不動産の世界へ

本書は、アパート、マンション経営をされるひとりのオーナーさんの夢をかなえるために書き下ろしたものです。成功している大家さんも、失敗かなと感じ始めた大家さんも読んで役に立ちますし、法人化して成功を満喫しているオーナーにも読んでもらいたいほどのできです。

内容の一つ一つは建築会社、不動産会社で賃貸業務に携わっているプロの人たちに読んでいただいても良いものだと思っていますし、これまで市販されている「アパマン本」よりも濃い内容になっていると自負しておりますので、しっかり勉強しようと思われている方には是非読んでいただきたいと思います。

満室請負人(R)のアパート経営指南 0前書き-2, 2016/4/17

2014年7月29日の日経ヴェリタスに「大家300万人 主婦も社員も」という記事が掲載されました。

近隣に物件が建設されて困ると聞くこともありますが、私はどんどん建てばいいと思います。業界は活性化されます。

「どんどんオーナーが増えればいいな」とも思います。カモの数もどんどん増えるでしょうから。好きな言葉ではありませんが、オーナーのほとんどが負け組になります。

不動産投資はそんなに甘いものではありません。私の見たところ、世の中の大家の90%は失敗しています。大家の50%は自己資金を持ち出しており、40%は収支がトントン。わずか10%だけが不労収入を手にしています。90%が失敗してくれるから10%の人が勝てるのです。株式投資と同じです。

私は、そんな状況でも負けることはありません。サバイバル状態になればなるだけ心が躍ります。サバイバル状態でも生き残る、つまり利益を出し続けることができる自信があります。この本では、私が毎日実践していることやこつこつをやっていることを書いていきます。筋トレのように毎日続けていることです。

満室請負人(R)のアパート経営指南 0前書き-3, 2016/4/18

私は、現在38歳。北海道 旭川市 30万人の中核都市 8畳の和室で書いています。

20歳になったときから、20歳からの20年を仕込みと修行の場、そして41歳からの60歳までの20年を実践の場と考えていました。また30歳の誕生日か、1000万円の現金を貯めたら会社を辞め修行に出ようと決めていました。そして決心していた通り、30歳のときに、1000万円の現金を元に株式会社タワーを設立し、ひとりで不動産の世界に勝負を挑みました。

現在は事務所もなく、従業員もおりません。給料は、毎月20万円を株式会社タワーの売り上げの中から頂いており、年収は300万円に満たない程度です。自らアパート・マンションを所有したことはありませんので、オーナーの経験はありませんし、これからも所有することはありません。

大きな成功を収めようとは考えていません。大きな成功を味わいたいという欲望はありましたが、私の性格上、小さな成功を積み重ねていくことのほうが幸せを感じられるのではと思っています。不動産市場に投資し続けることによって小さな成功を積み重ねようとしています。

満室請負人(R)のアパート経営指南 0前書き-4, 2016/4/19

新たにアパマン経営を考えておられる方は、この本の通りに実践してみて下さい。100日で必ず満室になります。また既に成功している大家さんも、失敗かなと感じ始めた大家さんにも、建築会社・不動産会社で賃貸業務に携わっているプロの方に役立つ情報を載せています。


#


コメント欄を読み込み中